世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 焼番薯 shāo fān shǔ [焼き芋]
焼番薯 shāo fān shǔ [焼き芋]

焼番薯 shāo fān shǔ [焼き芋]

焼番薯 焼き芋焼shaoは焼く、番薯fanshuはさつまいものこと。(さつまいもは地瓜ともいいます。)日本でもおなじみの焼き芋です。台湾でも冬になると焼き芋を引く屋台が現れます。台湾=南国と言う思いこみがある日本人は多いですが、台湾も冬は10度を下回ることだってあるのです。ほくほく焼き芋を欲する気持ちは日本人と同じなのである。
戴いた芋は日本で言う「蜜芋」の類です。釜の中でじっくりと火が通った芋からは甘い蜜がたっぷりでていて、温かいの、甘いので、まさにほくほくと幸せな気持ちになります。

焼番薯 焼き芋 の和提灯

焼番薯 焼き芋  みついももある
中国の焼き芋屋さん。芋以外にもいろいろ焼いていた。

台湾では焼き芋にするさつまいもに紅芋と黄芋の二種類があります。
10~5月は黄色のサツマイモの旬で、台湾産黄金蜜芋と呼ばれる
台農57号が有名。きめ細かく食感がよい上に甘いのが特徴です。
12月に食べたので、これもこの品種かな~などと想像しています。
 
台湾では”焼き物料理をする時に龍眼の木を使うとよくききますが、
焼き芋の場合もそのようで、フルーティーな香りがつくそうです。
芋からの甘い香りにすこし爽やかさが増すと言うことだろうか。
 
ちなみに写真右下は中国の長春であった焼きもの屋さんです。
細かい引き出しのついたタンスのような形の焼き釜で
最下部に火をくべていろんなものを焼いています。
 
引き出しを開けると、焼き芋が出てきたり、焼き栗が出てきたりするの。
いろんなアイデアがあるもんだと思った物です。
さつまいももジャガイモと同じく中南米が原産地ですけども、
すっかりアジア人をとりこにしておりますね。
砂糖もなにもいらなくて、それだけでおやつになってしまう。いやはや。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る