世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 炒剣筍 chǎo jiàn sǔn [小竹筍の炒め物]
炒剣筍 姫竹の炒め物

炒剣筍 chǎo jiàn sǔn [小竹筍の炒め物]

炒剣筍 アップ炒chaoは漢字そのまま炒め物のこと。剣筍jiansunは剣の様に細長い形をしたタケノコで、日本で言うところの姫竹や細竹に近い食材です。
ゆでて食べやすい大きさに切ったタケノコを葱などと共にニンニクと唐辛子でピリ辛醤油仕立てにさっと炒めた料理で、熱炒と言われる台湾式居酒屋などに行くと食べられます。
お酒のつまみにも、ご飯のおかずにもぴったりの濃いめの味付けで、辛すぎないので子供でも食べられる美味しいおかずです。

炒剣筍 姫竹の炒め物

日本では細い筍には何種類もあります。
姫竹の子は主に東北地方から北海道で取れるので、
台湾の気候を考えると、台湾の細竹はこれではないかもしれない。
 
九州などの南で採れる細い筍といえば真竹、寒山竹などで、
寒山竹は歯ごたえはあるが生で食べられるほどやわらかく、
アクも少なくて上品な味がするとのことで、剣筍はこれに近い種類かなとも思います。
(調理前の皮付きのところを見てないのであくまでも勝手な想像です。)
 
この料理は熱炒では必ずと言っていいほど醤油やドウチで
濃いめの味付けに炒めてあるので、最も美味しく食べられるのが炒め物なのかもしれません。
肉料理や魚料理の付け合わせの一品に是非食べてみてください。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る