世界の食べ物 a food of the world

サーロインステーキ

サーロインステーキ 先にいっておくが、私は肉より野菜が好き。そして牛より鶏派である。フィジー旅行の最終日、たまには高いレストランでも行こう!と勢い余って行ってしまったステーキレストラン。ステーキと言うとなんか贅沢をした気分になるのが、庶民の証拠だ。
で、普段からステーキなんか食わないのに、ステーキレストランだからステーキを注文して失敗したのでフィジーの食文化というワケではないのですが、あえて載せました。

パイナップルジュース
パイナップルジュース
南国っぽい?

だって300gってどのくらいの大きさかわかんなかったんだもん。
(つまり、ステーキ肉なんて普段から買うこともない。)
日本に帰ってからいろんな人に、
「日本だと250gでも大きいよ?」と言われてしまった。
 
300gは中間だったので、中間を頼んでおけば間違いないかと思ったのだ。
付け合わせのポテトはクリームマッシュポテトを選択。
 
パンを別注文したらこってりしたチーズトーストが3つも(それも分厚い)。
フレッシュパインジュースも500mlくらいあるし、どういうこと?!
グリーンサラダだけは別の意味で納得いかないくらい小さい。
小皿にキャベツとにんじんの千切りがちょろっとあるだけ。
完全アメリカ人やオーストラリア人のお客向けのメニューだと思いますが、
それにしてもこんなに肉を食べられるところがすごいです。
高級カレー店でも行っておけばよかったって後悔しました。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る