世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インド > トゥクパ thukupa [チベット風うどん]
トゥクパ チベット風うどん

トゥクパ thukupa [チベット風うどん]

トゥクパ チベット風うどんトゥクパthukupaはチベットの汁物料理の総称。小麦粉で作った麺を獣の肉からとったスープにいれて食べるもので、スープを取った骨付きの肉がトッピングされていることが多いです。
インド北部はヒマラヤ山脈が広がり、その山を越えるとチベットです。チベットからの亡命者が多く住んでいるため、北インドを中心にチベット料理を食べることができます。チベットでは肉と言えばヤク。ですが、インドではヤク代わりにヤギ肉が入ることが多いです。あっさりしたモノが食べたい時に意外と重宝します。

トゥクパ 唐辛子で真っ赤
真っ赤だけどピリ辛程度

インド料理、特に北インドのチャパティやナン+カレーに飽きた時、
麺料理が無性に食べたくなることがあります。
パンに飽きたら米とも言えますが、インドの米は長粒種なので、
モッチリしたうるち米を好む日本人の欲求には答えてくれません。
それよりも麺料理の方が普段知っている味に近くて和むのです。
 
トゥクパは日本のうどんのように腰がないし、ダシも違うので、

トゥクパのようなもの
汁物といえるか微妙。

日本のうどんを期待して食べるとがっかりしますが、
味つけが薄くてシンプルなのでスパイスの味に疲れた胃には嬉しい。
 
トゥクパというのは汁物料理の総称なので、麺の太さは様々ですが、
平打ち麺を使っている物をタントゥクと表記し、区別することもあります。
 

トゥクパ タントゥク チベット風平打ちうどん

タントゥク(テントゥク)はもともと北チベット地方の麺料理で、
小麦粉を練ってちぎった物を汁に投入したいわゆる団子汁だそうで、
名称などはかなりいい加減に広がっているようです。
 
また、インドなのでインド人好みの味つけの場合もあります。
スープに香辛料が加えられてターメリックで黄色いことも。

トゥクパ タントゥク チベット風平打ちうどん ブッダガヤ
タントゥク。平打ち麺。

さらに店主にケチャップを渡された時には非常にびっくり。
「え?ケチャップ?」と一緒にいた日本人、アメリカ人、イギリス人までかなり驚いていた。
でも、ケチャップやチリソースが出てくる店は一軒だけではなく、
どこの店でもとりあえず普通に調味料として出てくるのでした。
(最初からかけてこないだけマシですが。)
 
香辛料のはっきりした味わいに慣れたインド人には、チベット料理は物足りないのかもしれません。
 

チベタンキッチン The Tibetan Kitchen

チベタンキッチン 外観住所:Fort Road, Leh India
電話: +91 84929 11940
営業時間:12:00~23:00
 
ラダックでチベット料理を食べるなら間違いないレストラン。
いつも観光客で混んでいるので注意が必要です。
ここのモモは皮が薄くもっちりしているので、
スチームモモにしたときに他の店との差がよくわかります。
サバグレブ sabagleb チベット風パイ包み
ただ、訪問日が半月にぶち当たり、酒、肉不可だったので、
何を食べても全部同じ味だったのががっかり。
(なぜなら全部基本の餡がベジ&チーズだったから。)
肉系のモモとか食べたかった~。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る