世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > サテ・アヤム・クリッ sate ayam kulit [鶏皮の串焼き]
サテ・アヤム・クリッ sate ayam kulit [鶏皮の串焼き]

サテ・アヤム・クリッ sate ayam kulit [鶏皮の串焼き]

サテ・アヤム・クリッ 鶏皮の串焼きサテsateは串焼き、アヤムayamが鶏肉。クリッkulitは肌=皮で鶏皮の串焼きです。
インドネシアの焼き鳥は日本の焼き鳥に比べ、串に刺してある肉片は小さく、日本の半分くらいの大きさで、さらに串が細長いものが多いです。また、肉も細切れではなく、串刺しにする大きさの細長い塊が1本の串にさしてあることが多いです。
地方により味つけは異なりますが、複雑な香辛料が混ざった黒いピーナッツソースのマドゥラ風サテが最もポピュラーです。

サテ・アヤム 焼き鳥
サテ・アヤム(焼き鳥)
冒頭の鶏皮焼きと同じソース。
ブンクスのサテ・アヤム 持ち帰りの焼き鳥
サテアヤム バリ
サテ・アヤム 焼き鳥

マドゥラ風のサテの焼き方は塩を振って炭火焼きにしたもの。
これに甘い醤油ケチャップマニスに、ピーナッツや香辛料をすり潰したものを
混ぜたソースをかけて食べます。
 
マドゥラはジャワ島の東、バリ島の北西に位置する島国です。
各地のサテを営んでいるのはマドゥラ人のことが多いそうで、
外国人にはサテ=ピーナッツソースというイメージがつきやすいかも。
 
ジャワ島では砂糖の量が多くて日本人には甘味が強すぎます。
ピーナッツの食感が残ったピーナッツバターみたいな味なのです。
バリ島では日本の焼き鳥のタレと醤油と砂糖の塩梅が似ています。
各地で各地の人たちの好みの味に変化して定着しているようです。
 
店によってはピーナッツソースを別添えで出してくれることもあり、
ソースを付けずにそのままいただくこともできます。
冒頭の鶏皮焼きと右上の焼き鳥の串はソースが別添えです。
ジャカルタの店なので醤油が少なめで甘く色が薄い。
 
また肉にすり潰した香辛料をまぶし付けおきして焼くサテサテや、
甘醤油ダレで焼いただけのサテなど味つけは千差万別です。
 
バリ島では、ミンチ肉を串に巻いてから焼くリリットと呼ばれる
つくねのサテもあります。(この場合、豚、牛、魚が定番。)
マドゥラ風のサテ専門店ではヤギ肉の串焼きが売りのこともある。
 
日本でも焼鳥屋なのに豚肉の串焼きをだす地方もありますし、
部位も味つけも千差万別です。
いろいろ食べてお好みの味を見つけたいですね。
 

サテ・アヤムの作り方

材料:

鶏胸肉 8枚
醤油 大さじ2
レモン汁 大さじ2
ごま油 大さじ2

ピーナッツだれ
サラダ油 大さじ2
赤唐辛子 3本
ニンニク 3かけ
無塩ピーナッツ 1と1/3カップ
塩 小さじ1/2
砂糖 大さじ3
お湯 250ml

  1. 鶏胸肉を幅2センチ、長さ10センチ程度に切り分け串に刺す。
  2. ピーナッツソースの材料をフードプロセッサーにかけ、混ぜ合わせてソースを作る。
  3. 醤油、レモン汁、ごま油を混ぜ、鶏肉に揉み込み下味を付ける。
  4. 鶏肉を炭火またはホットプレートで火が通るまで焼く。
  5. 4にピーナッツソースを添えてできあがり。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る