世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > ウダン・バゴ・ゴレン・メンテガ udang bago goreng mentega [海老のバター炒め]
ウダン・バゴ・ゴレン・メンテガ udang bago goreng mentega [海老のバター炒め]

ウダン・バゴ・ゴレン・メンテガ udang bago goreng mentega [海老のバター炒め]

海老の唐揚げレモンバターソースウダンudangがエビ、ゴレンgorengが炒める、揚げる、メンテガmentegaはバターという意味のインドネシア語。エビの炒め物をバターソースで仕上げたシーフード屋台の料理です。
殻ごと香ばしく素揚げしたエビは外はかりかり、中はぷりぷりの絶妙の仕上がり。これにニンニクバターソースでコクを加えて淡泊なエビを贅沢な味わいに仕上げています。これが屋台で食べられるのだからうれしい。


日本で売られているエビはタイやインドネシアなどからの輸入物が多いです。
しかし生産地だからといってエビが安く食べられるかと言えば必ずしもそうではなく、
特に大きいエビは時価で、値段が明示されていないこともあります。
 
近郊の海で簡単に捕れる魚はそれなりに安くてもエビは基本的に養殖しているので、
それなりに経費がかかっていると思われます。
 
その日に仕入れた魚介類を店頭に並べてあるようなお店では、
必ず値段を確かめてから調理をしてもらってくださいね。
 
ただし、逆に離島のワルンなどで魚を並べているようなお店は、
魚はその辺の海で捕ってきた物なので、それほど高くはありません。
逆にそういう場所では野菜の方が割高だったりしますので要注意ですよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る