世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 炒螺肉 chǎoluóròu [カタツムリの炒め物]
炒螺肉 カタツムリの炒め物

炒螺肉 chǎoluóròu [カタツムリの炒め物]

炒螺肉 カタツムリアップ螺肉luóròuとはカタツムリの身、炒chaoは読んで字のごとく炒め物のことです。
食用に養殖されたアフリカマイマイを砂糖醤油で炒めた物で、仕上げに九層塔を加えて爽やかな香りをプラスします。
見た目も食感も貝を食べてるようで(ある意味貝とも言えますが)、とても弾力があってかみ応えがあります。
日本では食べられない食材なので、台湾で見つけたら食べてみてください。


炒螺肉
アフリカマイマイはアフリカが原産の野生のカタツムリで、
かつて食用として研究するために世界中に広がりました。
台湾には日本統治時代に旧台湾帝国大学の教授により持ち込まれ、
以来、食材として使われるようになりました。
 
アフリカマイマイは広東住血線虫という寄生虫の宿主で
野生化した物を素手で触ると感染する恐れがあります。
現在、熱炒などで食べることができるカタツムリは
養殖された物か、輸入のエスカルゴだったりするようです。
 
螺肉カタツムリ 調理前
ちなみに日本には台湾に持ち込まれたものを起源として、
沖縄に持ち込まれ、野生化した個体が繁殖して広がり、
その繁殖力の強さから生態系を崩すことで社会問題化しています。
 
沖縄で厳重に管理されて繁殖されていたのに戦後の混乱で
野生化して、沖縄本島、奄美、鹿児島県まで広がっているようです。
害獣だったら食べちゃえばいいんだけど、触ると危険となると
一般人には手出ししずらく、悩ましいところです。
 
ともあれ台湾では普通にスーパーでも売っているそうなので、
見かけたら食べてみてください。貝ですよ。貝。
 

東山海産

東山海産 外観
住所:屏東市自由路170號全聯旁
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
 
屏東の夜市が出る通りにある店舗式の熱炒。海鮮料理が売り。
屏東はガイドブック等にページ数があまりさかれませんが、
人が集まっているお店に入ればまあ間違いないです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る