世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > パット・トゥアゴーク・タォフーผัดถั่วงอกเต้าหู้ pat tuangok tofu [豆腐もやし炒め]
パット・トゥアゴーク・タォフーผัดถั่วงอกเต้าหู้ pat tuangok tofu [豆腐もやし炒め]

パット・トゥアゴーク・タォフーผัดถั่วงอกเต้าหู้ pat tuangok tofu [豆腐もやし炒め]

パット・トゥアゴーク・タォフー もやしと豆腐の炒め物タイ語でパットผัดがつく食べ物は炒め物です。そしてその前後にある食材名で何を炒めているのかがわかります。トゥアゴークถั่วงอกがもやし、タォフーเต้าหู้豆腐。つまり、豆腐ともやしの炒め物です。和え物系と同じように野菜がたっぷり入った料理には豚の挽肉が入っていることも多い。
ナムプラーでさっとと調味したさっぱりした後口が、肉料理や魚料理の付け合せに最適です。


タイ料理には唐辛子が多く使われますが、こちらの料理は辛くありません。
豆腐を使っていることからもわかるように中華の流れから来た料理で、
中華系のシーフードレストランや屋台などでよく見かけます。
 
タイではもやし料理はあまり火を通しすぎず、必ずしゃきしゃき感が残るように仕上げます。
もやしのビタミンパワーを壊さず、美味しく頂けるということです。
そして、炒めあわせる豆腐は油で揚げて、香ばしさと油分が加わる。
さらにこれに挽肉が加われば、豚肉の脂の甘みが嬉しいですねぇ♪(挽肉なしのこともある)
 
大人数で尾頭付きの魚のチンジャオなんかと共に頼むとバランスよくて◎です。
もやしと厚揚げの炒め物の仕上げの調味をナムプラーにするだけです。
厚揚げにボリュームがあるのでメインディッシュでもいいですよ。
 

パット・トゥアゴーク・タォフーの作り方(タオチオバージョン)

材料:

もやし 1袋
厚揚げ  1個
ニンニク 1かけ
油 適量

[調味料:事前に混ぜておく]
タオチオ 大さじ1 (タイの豆みそソース)
オイスターソース 小さじ1
砂糖 小さじ1
水 大さじ1

  1. もやしは袋から出し、軽く水洗いする。
  2. 厚揚げは一口大に切る。
  3. 中華鍋(フライパン)に油をひき、スライスしたニンニクを入れ、香りがでるまで炒める。
  4. 3に厚揚げを入れ、軽く焦げ目が付くまで焼き、もやしを足して強火で一気に炒める。
  5. 4に調味料を入れ、味がなじむようにさっと炒め絡めて出来あがり。

  ※もやしのしゃくしゃく感が残るようにさっと炒める。唐辛子や豚挽肉をいれても美味しい。
 

 

ラーン55

ラーン55外観

スクンビットのトンロー駅から徒歩3分のところにある大衆食堂。
トンロー駅を降りてエカマイ方面を向き、ソイ55を超えてすぐ。
一見なんてことない食堂だが、オースワンはここが一押し!という声が多い。
しゃれたタイ料理とは違って、夜遅くまで開いているので、
深夜のフライトでバンコクに来た時に嬉しい。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る