世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ベトナム > トム・コー・タウ tôm kho tâu [エビの煮込み]
トム・コー・タウ tôm kho tâu [エビの煮込み]

トム・コー・タウ tôm kho tâu [エビの煮込み]

エビの煮込みトムtômは海老、コーKhoは煮込むという意味のベトナム語。フーコック島の郷土料理です。マムという魚介系の発酵調味料を使って味付けした海老の煮込み料理で、コクのある甘辛醤油味といえばわかりやすいだろうか。発酵調味料の味に慣れている日本人にはなじみやすい味付けです。
レストランの南部風煮込みのおかずコーナーに掲載されていて、エビを土鍋で煮込んだものと書いてあったので土鍋で出てくることを期待してしまいましたが、フツーにお皿でサーヴされた。
土鍋だともっと雰囲気がでたかも。


エビの煮込み アップ
この料理は「フーコックの名物だから」とオススメされて注文しました。

日本の場合大豆を発酵した調味料が多いですが、ベトナムの場合、
エビやオキアミなどを使うので、特に魚介類と合わせると
味わいがケンカせずうまみがより濃厚にしあがる感じです。
淡泊なエビが贅沢な味わいになるんですよ。
 
どちらかというと日本ではえびはその淡白な味わいを生かしたあっさり味だったり、
フライやてんぷらにしてエビそのものの味を残しつつ食感を変えて食べるので、
こうやってエビだけを煮込んで食べるのが珍しい。
それもエビにえびのうまみが溶け出した調味料を加えるのですからね。
 
フーコック島ではこの特製マムルオックが空港やナイトマーケットで売られています。
味を再現したい方はぜひどうぞ。
 

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る