世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 香港・マカオ > 蝦雲呑湯麺 [えびワンタン汁麺]
蝦雲呑湯麺 [えびワンタン汁麺]

蝦雲呑湯麺 [えびワンタン汁麺]

海老ワンタン麺蝦雲呑麺といえば、香港、マカオの麺料理店で必ずある定番メニュー。
透き通った白湯スープに細い広東風の麺が入り、その上にぷりっぷりの蝦雲呑が乗るエビ好き日本人にはたまらない軽食。
蝦雲呑麺とある場合は、生のエビつかってまっせーという意味です。新鮮の鮮ですもんね。
ちなみに「湯」はスープのこと。スープなしの蝦雲呑麺もあります。

海老ワンタン麺:池記雲呑麺
油菜 油才心

葉肉雲呑湯

香港では雲呑というと大抵エビ雲呑のことを指す。
また、日本では雲呑というと三角形に折られた四角い雲呑の中に
肉がちょびーーっと入ったモノで、皮ばっかり食べる感じがします。
 
香港の雲呑は見た目は水餃子のようで、ぷくっとふくれていて、
その大きさとエビがたっぷりのぷりっぷりの食感に嬉しい驚きがある。
 
蝦雲呑湯(エビワンタンスープ)だけでも勿論美味いんですが、
広東風の細く、しこしこした歯触りの麺の食感の違いが楽しい。
雲呑だけだと単一の味ですからね。
 
香港、マカオでは、町歩きで出会う麺屋さんに必ずあるので、
ちょっと小腹が空いたらするするっと頂いてください。
 
ちなみに右下の写真は葉肉雲呑湯。つまり肉入り雲呑です。
エビより豚肉って方は、肉入り雲呑をどうぞ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る