世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ベトナム > ボー・コォー Bò Kho [ベトナム風ビーフシチュー]
ボー・コォー Bò Kho [ベトナム風ビーフシチュー]

ボー・コォー Bò Kho [ベトナム風ビーフシチュー]

ベトナム風ビーフシチューボーBò は、牛肉。コーKhoは煮付けるという意味のベトナム語。ガイドブック等では「ベトナム風ビーフシチューと訳される牛肉の煮込み料理です。
かつてベトナムはフランスに統治されており、さらにお隣は中国である。2つの食の大国の影響をうまく受けたベトナムでは、自国の食文化に他国の食文化のいいとこ取りをした料理が様々あり、フレンチの影響を受けた料理の一つがこれ。
作り手により使うスパイスは様々のようですが、味の決め手にニョクマムが入るところがベトナムっぽい。フランスパンと一緒にどうぞ。


家庭料理としても一般的なので使われるスパイスはその人の調合で様々なようです。
味の決め手にはニョクマムが入り、しょう油好きの日本人が嫌いな訳ありません。
 
写真は、ホーチミンにある農場直営のデザート専門店「キムタイン」のビーフシチュー。
キムタインは、カスタードプリンやシュークリーム等のデザートが売りですが、
軽食も割と美味しいと有名。
日本でよくいうビーフシチューと違ってデミグラスソースのこってりさがなく、
どちらかというとポトフみたいな感じでした。この辺がフランスの家庭料理っぽいところ。
 
旅に出て、毎日その国の味を食べ続けていると、無性にジャンキーなもの、
例えばハンバーガーやフライドポテトを食べたくなったり、洋食が食べたくなったりしますが、
(最近は、和食は日本並みの味を望まなければどこかしらで食べれます。)
ベトナムは、純粋ベトナム料理有り、中華風アリ、そしてこんな洋風もあるので、
食事に飽きることなく、毎日いろいろなものが食べられて大変嬉しい国ですよ。
 

家でベトナム風シチューを作ってみる?

ベトナム料理の本をいくつか紹介

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る